車買取

車買取に関連する税金について

クルマには様々な税金がかかっています。その税金はクルマを持っているだけで発生してしまいます。

それら税金はクルマのランニングコスト(維持費)などとも呼ばれています。さらにその中でも特に買取のときに関係のある税金について説明していきます。

■ 自動車税
自動車取得税はクルマの排気量に応じて税金がかけられています。排気量の少ない軽自動車ならば比較的安くなって、大排気量の大型車になれば高くなります。

そしてこの税金は年単位で課税されていて、4月1日にそのクルマの所有者がその年の分を支払うことになります。そして、もし買取ってもらう時は、既二払った金額で、自分が使わない月のものは戻ってくる、または査定額に上乗せしてくれます。

ちなみに、軽自動車ならば、年間7200円。普通自動車で1000CC以下ならば29500円と、軽自動車はかなり優遇されています。

■ 自動車重量税
自動車重量税とはそのなの通り自動車の重量に応じて支払わなければならない税金です。

新車登録時や車検のときに、支払うことになります。買取の時はそれほど重要視されないものですから、是非一度買取のさいには査定にのせてくれるかどうかを聞いてみてください。

また車検付きの中古車を買う場合は、購入者は支払う必要がありません。ですからこのことから、どうせ還ってこない自動車重量税ですので、買取のさいには車検ぎりぎりで売却するということもありです。

■ 自動車リサイクル料
平成17年から始まった自動車を処分する費用を負担するための新しい制度の税金です。これはクルマの最終所有者が負担するのが原則になっていますので、クルマの新しいオーナーへその負担が移るということなります。ですから支払った自動車リサイクル料は、買取のときに戻ってきます。

あなたの愛車を”一番高く”売るには?

車買取

【 carview一括査定 】

最大8社の見積もりを一括で比較できるcarview
事故車や商用車などにも対応してくれる日本最大級の一括査定サイト! あくまで見積もりなので、まずは気軽に愛車の相場を調べてみてください。

⇒carviewで一括査定


車買取

【 Gulliver中古車査定 】

CMでも有名な車買取り大手ガリバーの一括査定。
業界大手なので全国・どんな車種にも対応してくれます。 また、中古車販売も行っているので、次の車をお考えの方にオススメ!

⇒Gulliverで見積もり

このページの先頭へ