車買取

車買取に必要な書類

車を売ろうと考えたときに、どういう書類が必要になるかはなかなかわからないものですが、実はそれほど難しいことではありません。実はその気になればすぐにでも車を売却する準備ができてしまいます。

ですから、もしディーラーや買取専門店を通さずに、インターネットや飛び込みで車を買い取ってもらう場合には以下の書類を用意しておけば問題ありません。

まずは基本的な書類としては「自動車車検証」「自賠責保険証明書」「自動車納税証明書」です。これらは法律で規定された車を売却するときに必要な書類になります。しかしあわてて揃える必要はなく、基本的にはあなたの車の中にある「車検証ケース」の中にすべてそろっているものですから、まずはご確認ください。

また、2005年1月1日以降に購入した新車には「自動車リサイクル券」があります。またこのとき以前に購入していても、以降に車検を受けた車にも「自動車リサイクル券」はあります。これは車購入時にリサイクル料を払っていることを証明するものですから、持っていれば査定価格が上がります。ぜひ確認してください。

そして「実印」と「印鑑登録証明書」も必要になります。「印鑑登録証明書」は各市町村役場で発行していただいてから3ヶ月以内のものが有効とされます。

以上が基本的に必要になる書類ですが、場合によっては他の書類も必要になります。

まずは、結婚などによって氏名が変更になったあとに、車検証の変更をしていない車を売却する時は「戸籍謄本」が必要になります。また同じく車検証の住所と現住所が変わっていて、車検証の変更をしていないのならば、住民票が必要になります。これらの必要書類は普通自動車の場合であり、軽自動車の場合は少し違っています。

「自動車納税証明書」が「軽自動車納税証明書」になります。これは名称が変わっているだけです。一番大きな違いは「実印」が必要な普通自動車の売却ですが、軽自動車では「実印」ではなく「印鑑(認印でもよし)」となっています。

言い忘れましたがどちらのケースでも、もちろん「自動車運転免許証」は必要になります。もっとも、車売却のために運転してお店へ持ち込むのならば、持っていないということはないと思います。

どちらにせよ、基本的には既に揃っている書類が車買取のときに必要な書類になります。特別用意すべきものは「印鑑登録証明書」だけです。まずは、「自動車車検証」「自賠責保険証明書」「自動車納税証明書」が車検証ケースの中にそろっているかを確認してください。

もしも、「自動車車検証」の紛失などがあったら、陸運局へ届け出てください。また、軽自動車の車検証紛失の場合は、軽自動車検査協会になります。

「自賠責保険証明書」のケースは加入した保険会社で。「自動車納税証明書」は陸運局やる自動車税管理事務所で再発行していただけます。

あなたの愛車を”一番高く”売るには?

車買取

【 carview一括査定 】

最大8社の見積もりを一括で比較できるcarview
事故車や商用車などにも対応してくれる日本最大級の一括査定サイト! あくまで見積もりなので、まずは気軽に愛車の相場を調べてみてください。

⇒carviewで一括査定


車買取

【 Gulliver中古車査定 】

CMでも有名な車買取り大手ガリバーの一括査定。
業界大手なので全国・どんな車種にも対応してくれます。 また、中古車販売も行っているので、次の車をお考えの方にオススメ!

⇒Gulliverで見積もり

このページの先頭へ