車買取

車買取のさいの名義変更について

クルマを買取していただくということは、自分のものではなくなるということですので「名義変更」が必要になります。それは、あなたのものだったクルマを、誰か他の人の名義にするためです。それでは具体的な手続きはどうすれば良いのでしょうか。

ディーラーや買取専門店への買取というのが一般的な方法です。こういったケースでは、名義変更の手続きは代行していただける場合が多くありますので、意識しなくて名義変更は可能です。

ただ、名義変更の手続きが有料か無料かは確認してください。もしも無料だったとき、その料金がかなりかかってしまう時などは自分でやるのも良いかもしれません。

クルマの名義変更は何も、代行業者でしかできないと言うことはありません。自分ですることだって可能です。買取の時の名義変更を代行したら、案外料金が高かったとき、個人間でクルマの売買をする時などには自分でしなければなりません。それでは、具体的にどうやっていくのか解説していきます。

クルマの名義変更は軽自動車と普通自動車では手続きが違うので注意してください。ただ、双方に共通して言えることは、売る側と買う側が立ち会って行うというのが理想的です。しかし、立ち会いが無理ならば、買う側が責任を持って行うというのが一般的です。

軽自動車の場合、まずは車検証や申請依頼書、新しい所有者の住民票などの必要書類を用意する必要があります。そしてそれを持って、軽自動車審査協会に行きます。そこで申請書を手に入れて、申請書を作成します。

そして、ナンバーを変えない場合は軽自動車税、自動車取得税の申告をして名義変更の手続きは完了です。もしナンバーを変える場合は、いったん旧ナンバーを返納して、新しく購入しなければなりません。また、そのときには車検証も新しくなりますので新たに交付してもらう必要があります。

さらに普通自動車の場合は、まず一番始めにやらなければいけないことは、新しい所有者の車庫証明を手に入れることです。これは最寄りの警察署で可能です。

次に車検証や自動車税納税証明書などの書類を持って、陸運局へ行く必要があります。そこで自動車税、自動車取得税の申告をすれば手続き完了ですが、軽自動車と同じようにナンバーを変える必要があるときには、ナンバーを返納して新しく交付してもらう手続きが必要になります。

どちらのケースであっても、費用はかかります。普通自動車であったら車庫証明のための費用。双方のケースではナンバープレート代(必要に応じて)。これらの費用は都道府県によって異なりますが、代行業者に依頼するよりは自分でやった方が安くなるのは確実です。もちろん、そのかわり手間はかかります。

あなたの愛車を”一番高く”売るには?

車買取

【 carview一括査定 】

最大8社の見積もりを一括で比較できるcarview
事故車や商用車などにも対応してくれる日本最大級の一括査定サイト! あくまで見積もりなので、まずは気軽に愛車の相場を調べてみてください。

⇒carviewで一括査定


車買取

【 Gulliver中古車査定 】

CMでも有名な車買取り大手ガリバーの一括査定。
業界大手なので全国・どんな車種にも対応してくれます。 また、中古車販売も行っているので、次の車をお考えの方にオススメ!

⇒Gulliverで見積もり

このページの先頭へ