車買取

ローン残債のある車の買取について

車は人生の中でも高額な買い物になることは間違いありません。だから現金一括で買うという方は少ないでしょう。多くの方がローンを組んで車を購入していることでしょう。

では車買取のさいにローンが残っている車の買取はどうなるのか。ここでは二つのケースが考えられます。

■ローン残債<買取金額
まず、ローン残債が買取金額より低い場合です。例えば車のローン残債が50万円で、車の買取金額が100万円だった場合は、買取金額からローン残債を引いた金額、つまり50万円が手元に残ることになります。

(買取金額)ー(ローン残債)=(+の場合はその金額が手元に残る)

買取金額との差額で、ローンを完済して、待った分が手元に残るということです。これはわかりやすいですね。

■ローン残債>買取金額
それでは逆のケース、つまりローン残債が買取金額より大きい場合はどうでしょう。

例えばローン残債が100万円あって、車の買取金額が70万円だった時です。このままではローン残債が残ってしまいます。車を売却するときには、ローンを返済して「所有権留保を解除する」必要があり、あなたがこの車に対してローン残債がある場合には通常売却はできなくなっています。

「所有権留保を解除する」必要があるというのは、ローンを払っている間は、車の所有権はローン会社にあるからです。つまり、あなたが所有者でない車を勝手に売るということはできないのです。

このような状態から車を売却したいのならば「自力で完済する」「知人からお金を借りて完済する」「消費者金融から借り受けて完済する」「残債用ローンを組む」などの方法があります。

■一般的な方法が「残債用ローンを組む」
今ならば買取専門店が独自の手法を展開してローン残債がある車も売ることができます。つまり、自動車ローン残債を返すためのローンを、買取専門店が車売却時に組んでくれます。これは「残債用ローンを組む」という方法で、ローンの借り換えということになります。

今はこのようなシステムが比較的整備されていますから、ローン残債があったとしても、車を売ることはできます。

■ローン残債時は売却金額に注意
しかしながら、ローン残債がある車というのは買取のときに足下を見られる可能性が高く、買取金額は相場よりも低くなっています。また、借り換えたローンの金利にも注意してください。

ローン残債がある車を売却するときには、売却前のローン金利と車の維持費、売却後の金利を比較してどちらが得かを判断しなければなりません。

あなたの愛車を”一番高く”売るには?

車買取

【 carview一括査定 】

最大8社の見積もりを一括で比較できるcarview
事故車や商用車などにも対応してくれる日本最大級の一括査定サイト! あくまで見積もりなので、まずは気軽に愛車の相場を調べてみてください。

⇒carviewで一括査定


車買取

【 Gulliver中古車査定 】

CMでも有名な車買取り大手ガリバーの一括査定。
業界大手なので全国・どんな車種にも対応してくれます。 また、中古車販売も行っているので、次の車をお考えの方にオススメ!

⇒Gulliverで見積もり

このページの先頭へ