車買取

所有者が死亡した場合の車買取について

もしもクルマの所有者が死亡した場合というのは、そのまま売却をすることはできません。

クルマの名義変更が必要になります。なぜならば、名義変更をしないでそのままクルマを売却することは、他人のクルマを売るということになってしまうからです。では、死亡した場合の名義変更とはどうなるのでしょうか。

クルマの所有者が死亡した場合は、そのクルマは財産の一部として相続の対象になります。つまり、相続した人が、クルマを買取ってもらうということができるようになれます。これをしないまま車を売ることはできないので注意してください。

またクルマの相続はいくつかのパターンがあります。それぞれを説明していきます。

相続をする人間が一人しかいなく、クルマを相続する人間、または遺言などで相続が決まっている場合です。通常の名義変更の手続きの書類に加えて、相続人の戸籍謄本と印鑑証明が必要になります。また、元の持ち主がなくなったことを確認できる除籍謄本も必要となります。

相続人が複数いて、その中でクルマを相続する人間が決まっている場合です。上記の場合とまったく変わりはないのですが、複数人の相続の中から、クルマを相続することを証明するために、遺産分割協議書が必要になります。

こちらは相続人が複数で共同名義とする場合です。相続人が複数いてその中の一人が相続するケースとそれほど変わりはないのですが、複数で共同名義とするということがポイントです。

上記の遺産分割協議書とは異なり、クルマを相続する人全員の印鑑証明が必要です。

このように、死亡したクルマを売却するときには、名義変更をしなくてはなりません。また、これらすべてのパターンでクルマを所有してなくなった方と、相続する人の住所が違っているのならば、車庫証明書の発行が必要となります。

あなたの愛車を”一番高く”売るには?

車買取

【 carview一括査定 】

最大8社の見積もりを一括で比較できるcarview
事故車や商用車などにも対応してくれる日本最大級の一括査定サイト! あくまで見積もりなので、まずは気軽に愛車の相場を調べてみてください。

⇒carviewで一括査定


車買取

【 Gulliver中古車査定 】

CMでも有名な車買取り大手ガリバーの一括査定。
業界大手なので全国・どんな車種にも対応してくれます。 また、中古車販売も行っているので、次の車をお考えの方にオススメ!

⇒Gulliverで見積もり

このページの先頭へ