車買取

記事一覧

あなたの愛車を”一番高く”売るには?

車買取

【 carview一括査定 】

最大8社の見積もりを一括で比較できるcarview
事故車や商用車などにも対応してくれる日本最大級の一括査定サイト! あくまで見積もりなので、まずは気軽に愛車の相場を調べてみてください。

⇒carviewで一括査定


車買取

【 Gulliver中古車査定 】

CMでも有名な車買取り大手ガリバーの一括査定。
業界大手なので全国・どんな車種にも対応してくれます。 また、中古車販売も行っているので、次の車をお考えの方にオススメ!

⇒Gulliverで見積もり

中古車買取と下取りの違いについて

中古車を売却するときによく聞かれるのは、買取と下取りです。この二つを混同している人がいますので、それぞれを理解して、いったいどちらが得なのかを解説していきます。

買取は、文字の通り今乗っているクルマを買取っていただくことです。つまり、あなたが乗っている車を売って現金化することです。
下取りは、買取とは違って今乗っているクルマを現金化するということではありません。自動車ディーラーで新しくクルマを購入するときに、今乗っているクルマをその新車購入の代金に充てるものです。つまり、購入代金から今乗っているクルマの価値を引いたものが、新車購入の代金になります。

下取り価格は買取価格とは違います。買取の場合は買取専門店で査定をしてもらって、その金額がでます。その時の査定額は、クルマの状態や、オークションでの相場に左右されます。

それでは下取りの金額はどうでしょうか。下取りは、言ってみればディーラーの買取です。ですからディーラーが独自に下取り価格表を持っていて、それからクルマの状態などを考慮して考えられます。

この際、同一メーカーでなければ下取りできないということはあまりないようです。

買取と下取りはどちらが得か?と言うのことが、ここは皆さんが悩むところですが、一般的には買取の方がお得になっています。しかしながらディーラーによってはクルマを購入してほしいということから特別に高い金額で下取りをしていただけるということもあり、一概には判断できません。

まずは、買取金額を買取専門店などで出した後に、ディーラーにクルマ購入時の下取りありと、下取りなしで金額を出してもらうという手順を踏むことが、一番の得策です。

下取りした方が良い例を紹介します。ディーラーによっては新車購入の販促キャンペーンとして、下取りを強化している期間があります。その時は買取よりも高価な値がつくケースが多いので、下取りを選択した方が特になることが多々あります。

逆にディーラー下取りの価格が期待出来ない場合ですが、クルマにオプションパーツが多い時は下取りではマイナス査定をされてしまうので、買取を選択した方が良いでしょう。

車買取に戸籍抄本が必要な場合とは

クルマの買取に必要な書類はある程度決まっていますが、特定のときには通常時必要な書類以外のものが必要になります。その一つが戸籍抄本ですので、どういうケースで必要になるのかを解説いたします。

戸籍抄本とよく混同されて使われているのが、戸籍謄本です。この二つの違いも含めて解説します。戸籍抄本も戸籍謄本も、戸籍の原本を複写したものをさしますが、細かな違いがあります。戸籍抄本は、戸籍原本から必要な人の部分のみを複写したものです。対して戸籍謄本は、戸籍原本のすべてを複写したものになります。

それではどちらを使えば良いかということですが、多くの場合必要となるのは戸籍抄本の方であり、戸籍謄本が必要となるケースは少ないですね。

「戸籍抄本(謄本)」と表記されていることが多く、その場合ならば、無駄にならないように戸籍抄本の方が良いでしょう。
またクルマ買取に必要になる書類としては一般的に戸籍抄本になります。

戸籍抄本は今住んでいる地域と本籍地が同じならば、市町村役場で発行申請することができます。もし違っていれば、自分の本籍地の市町村役場に行くか、郵送で発行申請ができます。

戸籍抄本が必要になってくるクルマ買取は、売却時の車検証の氏名と現在の氏名が変わってしまったときになります。クルマ買取は名義変更をするということでもありますから、あなたがクルマの所有者であるということがわからなければなりません。

ですから車検証の名義と今の本人の氏名が違っていてはいけないということになり、戸籍抄本が必要となるのです。結婚や離婚などで名字が変わってしまった時などは、戸籍抄本がクルマ買取のさいに必要になりますから、忘れないようにしてください。

このページの先頭へ