車買取

事故車の車買取でも査定額がつくのか

事故車というのは査定額が大幅に下がってしまうものです。事故をお超してしまったクルマというのは中古市場でも、あまり喜ばれません。

中古車で事故車というと、みんな避けてしまうものです。たとえ見た目がよくても、事故車というレッテルが貼られていれば間違いなくそれだけで価値が下がってしまいます。

それでは買取のときにどうしたら良いのかということを、事故車の基本から説明していきます。

一般的に事故車とよく言われますが、どこからが事故車になるのか。じつは「日本自動車査定協会」などの組織で定められています。

簡単に言ってしまうと、その基準はフレームや構造部品の修理や交換が必要な事故をおこしたクルマになります。つまり、例えば、ガードレールにクルマをこすってしまったなどのことでは、事故車にはあたりません。

また、修理履歴のあるクルマが事故車とは言えません。上記の基準を満たしていない修理や交換ならば事故車とは見なされないのですが、それでも修理履歴は残ります。

ひょっとしたらあなたは自分のクルマを事故車と思っていても、それは事故車ではないかもしれません。

事故車はこのような条件を満たしてくれるものですが、それが査定に影響するか。結論として大幅に響きます。事故車と認定されてしまっているクルマは、かなり買取り査定が下がります。

しかしながらそれは修理例ではないということは忘れないでください。あなたが思っている事故車の定義と、一般の事故車の定義は違います。修理履歴があるから事故車ではないのです。

もし買取専門店で万が一修理履歴で事故車と思われてしまうようならば、きちんと事故車の定義を満たしているか確認しましょう。

あなたの愛車を”一番高く”売るには?

車買取

【 carview一括査定 】

最大8社の見積もりを一括で比較できるcarview
事故車や商用車などにも対応してくれる日本最大級の一括査定サイト! あくまで見積もりなので、まずは気軽に愛車の相場を調べてみてください。

⇒carviewで一括査定


車買取

【 Gulliver中古車査定 】

CMでも有名な車買取り大手ガリバーの一括査定。
業界大手なので全国・どんな車種にも対応してくれます。 また、中古車販売も行っているので、次の車をお考えの方にオススメ!

⇒Gulliverで見積もり

このページの先頭へ